Actions on Google(Smart Home)の審査を受けました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

しばらく前に、Mozillaが開発している「Things Gateway」をGoogle Assistantから操作するためのSmart Homeアプリの審査に通りました。
個人で審査を受けている人が少なく、あまり情報が出ていないと思うので、審査がどのように進んだのか共有したいと思います。

公開されるまでの日程

私の場合、審査開始から終了まで約3ヶ月かかりました。

  • 3月23日 審査開始
  • 4月17日 first review 通過
  • 5月 3日 検証デバイスの送付
  • 6月27日 second review 通過
  • 6月30日 third review 通過
  • 7月 4日 公開

Google や Allion とのやりとり

審査開始~first review 通過

Action Consoleから審査開始して待ってたら、Googleから「first review通過したよ」ってメールが来ました。
特にコメントは無かったので、なんの審査をしていたのかは不明です。
次に、動作確認するからデバイスを送ってほしいとのこと。

検証デバイスの送付

デバイスを使った検証はAllionに委託しているようで、first review以降はAllionの担当者とメールでのやり取りになりました。
Things Gatewayいろいろなデバイスに対応していますが、送るのはスイッチやライトなどSmartHomeで定義できるデバイスタイプ毎に2つでいいとのことでした。ちなみに、Hubを送らずに遠隔で操作してらうや、仮想的なデバイスでの動作確認はダメとのことです。

メール抜粋

Action Required - Submit the following:
Send two sets of devices to the address in the intake form.
Include two of each device type you’re supporting. Those devices will not be returned.
Include setup instructions. If your app only works on certain versions of Android/iOS, include this information.
If you are a hub or an integration provider, include your most popular devices that will be covered by the Smart Home app being validated.
You should not have any special accounts that require whitelisting or other work done that is outside of what a typical consumer would experience.
If you device requires a subscription to be operated and tested the subscription services should be provided to Allion USA for free.
All servers must be in production prior to shipping devices to Allion USA. The app being verified will be considered as your production app.
Do not submit a QA or Dev environment app to be tested.
Make sure the icon is round @ 144x144 with a transparent background in png format.
Ensure that the verbiage at the time of account linking says, “Google is requiring access …. ” and not “Google Assistant” or anything else.

郵便局から国際郵便で次のものを送付。セットアップ手順は印刷して入れたんですが、一応GitHubのwikiにアップロードしてメールでも送りました。

  • 送付物
  • Things GatewayをインストールしたRaspi
  • TP-LINK Light bulb x2
  • TP-LINK Smart WiFi plug 2-pack x1
  • セットアップ手順

second review

こちらのページにあるQA test caseにそってAllionの担当者が動作確認をしてくれます。
不具合が見つかったらメールで修正してねって連絡がきます。私は5回ほど修正しなさいって言われました。みんな事前にQA test caseをチェックしておきましょう。。。
レビューにかかる日数ですが、不具合があったら修正から、営業日2~3日で再 review してくれていました。

ちなみに、QA test caseの内容以外にも次のような指摘がありました。

  1. TP-LINK Smart WiFi plugのデバイスタイプをSwitchにしていたのですが、Outletに変えてほしいと言われました。
    デバイスのタイプ設定は厳格にやっているみたいで、例えば、Air conditioner と Thermostat もほとんど同じ制御ができるけど正確にデバイスタイプを設定しないといけないと思われます。

  2. ロゴを白抜きにしていたのですが、白背景でも円形なのがわかるように縁取り等で対応が必要と言われました。
    修正前

    修正後

  3. 審査中に新しい仕様が追加されたから実装してね!
    審査中なのに?って思ったんですが、簡単に実装できそうだったので対応したところ、API側のバグがあり予想外にて間取りました。
    Report StateというAPIをつかって、デバイスの状態をGoogleのサービスにプッシュ通知するという仕様だったのですが、デバイスが切断されたと通知しても、Googleアシスタントにデバイスの状態を聞いた時に何故か切断中だと通知してくれませんでした。
    Allionの担当者にメールで報告したら、Googleの開発者に取り次いでくれ、再現方法やログを送って修正してもらうことになりました。

third review

テストの結果をGoogleが確認するだけらしく、特にやることはありませんでした。合格したよってメールが来ました。

公開

レビュー完了したらあとはGoogleから公開通知が来るまで待つだけです。
公開日はUS時間の火曜日と決まっているらしく、日本時間で7月4日(水)メールで公開の通知が来ました。

まとめ

不具合等なくても申請から公開まで、2ヶ月程度かかりそう。
QA test caseが公開されているので事前に動作確認しておこう。
レビュー中に仕様変更の可能性あり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*